2012年06月24日

宮川鉄橋で撮影

本日は、ちょいと伊勢に行く用事がありまして、
その帰りに空いた時間で、JR参宮線の宮川橋梁へ行ってきました。
生まれてからずーと松阪と伊勢を行き来して育ち、宮川鉄橋もよく
列車を見に行ったりしましたが、カメラを持っていったのは今回が初。

よく鉄道雑誌にもでてるポイントなので一度撮影して、場所とか今後の
材料にしたかったんですよね。
011.JPG
宮川橋梁です。宮川橋梁は三重県伊勢市と旧小俣町の間を流れる1級河川で
日本一の清流の一つ宮川の河口付近を渡るため明治初期に参宮鉄道により架橋された橋です。
全国的にもかなり古い部類で橋脚は総レンガ積のアンダートラス構造です。
規格自体も小型機関車の重さを支える程度で良かったため、大正期に製造開始された、
大型Cクラス蒸気機関車はC51までが限界だったとか(C57までは入れた?かも)

続きを読む
posted by 幽羅@白銀 at 23:19| 三重 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真・カメラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。