2012年06月24日

宮川鉄橋で撮影

本日は、ちょいと伊勢に行く用事がありまして、
その帰りに空いた時間で、JR参宮線の宮川橋梁へ行ってきました。
生まれてからずーと松阪と伊勢を行き来して育ち、宮川鉄橋もよく
列車を見に行ったりしましたが、カメラを持っていったのは今回が初。

よく鉄道雑誌にもでてるポイントなので一度撮影して、場所とか今後の
材料にしたかったんですよね。
011.JPG
宮川橋梁です。宮川橋梁は三重県伊勢市と旧小俣町の間を流れる1級河川で
日本一の清流の一つ宮川の河口付近を渡るため明治初期に参宮鉄道により架橋された橋です。
全国的にもかなり古い部類で橋脚は総レンガ積のアンダートラス構造です。
規格自体も小型機関車の重さを支える程度で良かったため、大正期に製造開始された、
大型Cクラス蒸気機関車はC51までが限界だったとか(C57までは入れた?かも)

最近は時刻表を持参してるのでダイヤを調べて見ると数分で各駅が来るようだったんで
撮影開始、一枚目はカメラの設定をミスして没に。

2枚目がこれ。キハ11形3連(0番台+0番台+300番台)
004 (2).JPG



同じ場所から下流の近鉄の橋梁も見えるので1枚パチリ、さすがに小さいなぁ;;
009.JPG
12200系スナックカー4連が大阪名古屋方面に走って行きました。

お次はキハ75形4連の「快速みえ」。以前は2連でした(休日は4連も)が、
ダイヤ改正で常時4連になり、快速らしい風格に。
012 (2).JPG


ここで暫く間があいたんで河原におりたり(先日の台風で泥水でしたが;;)
してたら空から轟音。見上げると低い所をセントレアから離陸してきた航空機が!
015 (2).JPG
4発機なのでセントレアでの運用を考えると、日本の機じゃないですね、
日本の航空会社は全て大型双発機に統一しましたし。(最大はB−777)
タイとシンガポールは最大の4発機エアバスA380持ってますが運用ないから、
欧州か韓国、アジア圏の運用してるボーイングB-747-400か、
写真で見る限りナセルが細く・ボディがスリム&ロングなんでエアバスA340ですな。
意外な機体だと貨物専用機のボーイング747LCFドリームリフターってあるけど
あれはデカクテフトクテーなんでたぶん違うw 中部空港以外では見られない貴重機で
運搬貨物はボーイング787!三菱から出荷するため中に入れて運んでます。

最後は、最後がこれかーと拍子抜けされるかも知れませんが、
これが参宮線の日常風景なのですよ(笑)元々は本線だったんですが今では支線、
「快速みえ」、「臨時特急いせじ」、「熊野古道・伊勢路号」とかほんとちょっとしか
走ってませんが、そこがまたよいのです。
018 (2).JPG

今回はこれで終了、えらく長い文章でお疲れでしたか?
疲れても読んでくれた皆様ありがとうございます。
ツイッターでも馬鹿なことつぶやく人ですがそれでも相手をしてくださる、
皆皆さんのおかげでモチベーション維持できてます。ありがとう。









posted by 幽羅@白銀 at 23:19| 三重 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真・カメラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/277090388
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。